旗竿地に家を建てる! ~kotoriの日記~

旗竿地に注文住宅を建てることになった、kotori家の記録です。

前置き③:情報収集

※ですます調に疲れたのでメモ的文体に変更します

 

戸建てへの気持ちが高まってきたものの、まだ妄想段階だったのが今年の4月。

そもそも今住んでる分譲マンションがいくらで売れるのか?というところが大前提なので、一括査定を依頼。翌日には机上査定の資料がばしばし届きだす。

机上査定なので、3割増しくらいで考えたほうがいいとはいえ、割と全部いい数字。これはもしかしたら、買った時よりいい値段で売れるかも!?とウハウハしだす。

夫にも資料を見せ、貯金と売却益で高跳びできるかも、とそそのかしたのち、まずは近所に手ごろな建売がないかSU●MOで検索するところからスタート。

ちょうど徒歩3分くらいのところで何かが建ちそうな現場があったので検索すると、4000万台でルーフバルコニー付!といういい感じの物件があったのでとりあえず資料を取り寄せ。

ところがこの業者がしつこいしつこい…朝も夜もしつこく電話がかかってくる。

ネットで調べると案の定、あまり評判のいい会社ではなく、そもそも検討圏外に。

 

丸腰ではこういう業者にまた引っかかってしまうかも。やみくもに探すのではなくとりあえず戸建てについて勉強しなくては!ということで、こちらの雑誌を購入。

 

 

やはり春だからか、この手の本が本屋さんにわんさか出ていた。

この本を通じ、ほけんの窓口的な無償の住まいなんでも相談サービスがあるということを知る。

地元にはSU●MOとL●FULL HOME'Sのどちらも近くにあったけれど、SU●MOは注文住宅の紹介が中心とのこと。建売も注文も中古マンションも検討圏内にあった我が家としては、L●FULL HOME'S住まいの窓口のほうが希望の相談ができそうだったので、早速最寄りの店舗にWeb予約。忙しい夫をつかまえて、4月下旬の週末に日程を確保!

そして我が家の家づくりが本格的にスタートすることになったのでした…